株式会社広貫堂

株式会社広貫堂 > 採用情報 > ごあいさつ

採用情報

ごあいさつ

 

世界基準の製薬企業への道

 製薬企業の使命は【世界の人々の健康と福祉の向上】への貢献です。そのためには理念・価値観・行動規範が一体となったクオリティカルチャーを醸成していかなければなりません。私たち広貫堂が考える理念・価値観・行動規範をご紹介します。

 

 まず理念。私たちは【患者様の生命を守るための品質が最優先】であると、考えています。広貫堂の社名の由来となったのは、富山藩二代藩主前田正甫公の言葉

【用は先に利は後に 医療の仁恵に浴せざる寒村僻地にまでく救療の志を通せよ】

という【先用後利】の理念です。

 言葉の意味としては、患者様の命を大事にすることが最優先であり、利益は後からついてくるものだという事です。江戸時代の初期、今ならば簡単に治るような病気でも、治療法、薬がないために、簡単に命を落とす人が多かった。それを助けたのは、当時高価だった常備薬を日本全国に自らの足で運んで広めた先人たちの、まさに命を懸けた姿勢でした。私たちは当時から続く、この理念を大事にしています。

 そして価値観。私たちは経営層から従業員に至るまで【品質が最優先である】という価値観を持っています。そのために、品質管理部門が主導して、直接製造に携らない営業部門や業務管理部門、新入社員からベテランに至るまで【GMP教育】を徹底しています。
 最後に行動規範。私たちは【広貫堂CORE】という独自の社員共通の行動規範を持っています。【大切な人のためにできること考える】【品質上不都合な情報は速やかに伝達する】といった当たり前のことを言葉にして、自らを、そしてお互いを律しあう事を土台にしつつ【チャレンジこそが成功の道】という思いをもって行動しています。

 

入社を検討していただいている皆さんへ

 私たちは自分の事は自分で決めるという当たり前の価値観を持っている人を歓迎します。社員には【自分の人生を生きる人】であってほしいと思っています。他人が決めた人生ではなく、自分自身が決めたことを自分の事として考えるのは、とても大事な事です。仕事に没頭するもよし、土日は趣味の時間を徹底して楽しむのもよし、多くの友達、仲間と勉強をしたり遊んだりするのもよし…多くの人がいれば多くの生き方があり、それは誰かに決められたことではなく、自分で決めたことです。私たちは皆さんの生き方を支援します。そのためにフレックス制度、時間単位の有給、在宅勤務制度など多くの働きやすい仕組みも整えています。今後も様々な働き方に対応していきます。また、社員の心のケアも大事にしています。仕事をしているとどうしても仕事自体や人との関係性で悩むことがあります。そういう時に、一人で悩ませず、会社が寄り添う事が大事です。大事な患者様の命を支える社員の人生を大事にすることは当然のことです。私たち広貫堂は、周りの人の事を常に考え続ける素敵な人たちの集団でありたいと願っています。

 ここまで見てくださってありがとうございます。私たちは【あなた】と一緒に働きたいと思っています。ぜひ一緒に働きましょう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              人事部人事グループGM 宮野 正信