株式会社広貫堂 > くすりづくり > 製造 > 水原夏希

お知らせ・更新情報

水原夏希

出荷前の検査は品質を守る最後の砦と思っています。

くすりづくりへの想い

PTP包装ラインで受託製品の製造をしています。ラインの責任者として、コミュニケーションをとりながら、チームワークよく仕事が進むように注意しています。
できた薬を包装し、添付書類を入れ、箱詰めして・・と最終製品をつくる工程ですので、検査時には「ここが最後の砦」と意識して臨んでいます。

こんな薬をつくりたい

より安心・安全な製品をつくるための改善活動を行っています。一般のお客様はもちろん、受託先の方々にも納得いたけるような活動にしていくことで、よりよい製品をつくっていくことが目標です。

PROFILE

出身・入社年
富山県出身 2003年入社
主な業務
PTP包装ラインでの受託製品製造
おすすめの薬
葛根湯ドリンク
実は苦手な味ですが、「良薬口に苦し」です。
広貫堂について
伝統を受け継ぎながら、次々と新しい分野に挑戦し続ける、力強さをもった会社だと思います。