株式会社広貫堂 > くすりづくり > 品質管理 > 奥野康之

お知らせ・更新情報

奥野康之

漢方の力、生薬の力とともに、富山の配置薬がもっと注目されてほしい。

くすりづくりへの想い

自社製品、受託製品について、製剤や原料の品質試験を行っています。液体クロマトグラフという機械を使っていますが、毎回値が違うので、正確な値が出るように試験操作には慎重を期しています。さまざなセミナーに参加するなど、品質管理の技術向上に努めています。

富山のくすり − 漢方の力を現代に

今、漢方の力、生薬の力が見直されてきています。西洋の薬は、具体的な症状に対してピンポイントに効くのですが、何個も薬を飲まなければいけないのに対し、漢方は総合的にいろんな症状に効くという違いがあります。富山のくすりというと古いイメージがありますが、生薬を多く使った富山のくすり、配置薬も見直されてもいいなと思いますね。

PROFILE

出身・入社年
富山県出身 2011年入社
主な業務
品質試験等
おすすめの薬
赤玉はら薬S
広貫堂について
古い伝統をもつ会社というイメージがあるかもしれませんが、いろんなことにチャレンジしている会社ですね。