株式会社広貫堂 > 医薬品受託製造 > 受託製造体制

医薬品受託製造

受託製造体制

錠剤:年間30億錠生産可能な本社工場 液剤:年間2.5億本生産可能な滑川工場 年間20億錠生産可能な呉羽工場を所有しております。 呉羽工場はさらに顆粒剤、散剤製造設備を導入予定

GMP基準適合の自社工場と、開発・製造・品質管理の一貫生産体制を生かし、一般用医薬品から医療用医薬品、治験薬まで幅広く受託製造に対応しています。特に医療用医薬品については、錠剤・顆粒剤を中心に多くの医薬品メーカー様からオーダーをいただいております。EU-GMP適合工場の認証取得によりEU向け製品に対応しております。また、呉羽工場はEU-GMP、C-GMP、J-GMPに対応出来るハードウェアを構築いたします。

広貫堂は、徹底した品質管理と納期に対応する機動力で、医薬品製造の確かなパートナーとなり、受託先さまのビジネスに貢献いたします。ご用命を賜りますようお願い申し上げます。

特色ある技術

一般的な錠剤の他、オーバル錠、FC錠、二層錠、有核錠、口腔内速崩壊錠、糖衣錠、丸剤の一貫製造を行っております。和漢生薬を成分に含む固形剤・液剤に関して高度な技術の蓄積があります。

工場・設備

本社工場では、錠剤・丸薬・顆粒剤・散剤等の固形製剤など、滑川工場では、液剤を生産しています。
また呉羽工場では、最新の設備やフロービンシステムを導入したことで、高品質かつ低価格な医薬品供給が可能となっております。

本社工場

本社工場

滑川工場

滑川工場

呉羽工場

呉羽工場

委受託製造の流れ

委受託製造の流れ