株式会社広貫堂 > 株主・投資家情報 > 中期経営計画

株主・投資家情報

中期経営計画

当社グループは、厳しい環境の中で成長していくために「新中期3か年計画」を平成29年度(第104期)に策定しました。

我々を取り巻く環境、当社の強みを考慮した上で二つの大きな方向性を打ち出しています。

  ① 既存事業での更なる収益力の向上

  ② 差別化できる技術・製品の創出

 

  我々の主力ビジネスである「CMO事業」「OTC事業」において、成長できている主要因は「価格競争力」です。この価格競争力を更に強化し、この領域でのトッププレイヤーを目指します。また両セグメントにおいて、共通している我々の強みは「販売力のある顧客と強い結びつきがある」という事です。

  我々の顧客は常に新しい切り口の製品・技術を求めており、現在の我々はその要望に十分に応える事ができているとは言えない状況です。

全社を挙げて顧客の求める「差別化できる技術・製品」の創出を推し進めていきます。

これらの二つの方向性を実現するべく、3年間5つの事業戦略骨子を持って進みます。

  ① CDMO事業の更なる強化

  ② 次の10年を支える製品・技術・ビジネスの確立

  ③ 安定供給体制の強化

  ④ ビジネスオペレーションの強化

  ⑤ 次世代を担う人材育成機能の強化

株主の皆様におかれましては、今後とも格別のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。