株式会社広貫堂

製品情報

お客様相談窓口

広貫堂の歩み

会社情報

指定第2類・第2類医薬品

第3類医薬品

お客様相談窓口

よくあるご相談

"葛根湯内服液「廣貫堂」" についてのご相談

添付文書に高齢者は相談と書いてあります。なぜですか。また、高齢者とは何歳のことですか。

高齢者とは65歳以上の方をいいます。高齢になると、内臓の機能が低下して薬の代謝分解が遅くなるため、薬の作用が強く現れるおそれがあります。また慢性の病気や複数の病気を抱えて、多種類の薬を使用している場合があるので、そのような方は添付文書を持って、かかりつけの医師または薬剤師等に相談してください。

葛根湯内服液「廣貫堂」の製品ページへ

他の風邪薬と併用したいです。

風邪のひき始めには葛根湯をお勧めします。他の風邪薬とは併用はせずにどちらか一方を用法用量どおりに服用してください。

葛根湯内服液「廣貫堂」の製品ページへ

のどが痛く、せきが止まりません。

発熱や、くしゃみ、鼻水などの症状がないのであれば、せきどめ剤やトローチ剤をお勧めします。3~4日間服用しても症状が良くならなければ、服用をやめて病院を受診してください。

葛根湯内服液「廣貫堂」の製品ページへ

妊娠中ですが服用してもよいですか。

妊娠中はお控えください。妊娠中のお体の変調は風邪が原因ではない場合がありますので、かかりつけの医師にご相談してください。

葛根湯内服液「廣貫堂」の製品ページへ

授乳中ですが、服用してもよいですか。

大丈夫です。ただし、薬の成分は、わずかですが母乳にも影響が及ぶ可能性があります。気になるようでしたら、授乳後の服用をお勧めします。

葛根湯内服液「廣貫堂」の製品ページへ