株式会社広貫堂

製品情報

お客様相談窓口

広貫堂の歩み

会社情報

指定第2類・第2類医薬品

第3類医薬品

お客様相談窓口

よくあるご相談

"廣貫堂赤玉はら薬S" についてのご相談

下痢が続きます。服用してもよいですか。

激しい腹痛や熱、吐き気のある場合や、過敏性大腸症候群の診断を受けている方は、病院を受診してください。冷えによる下痢の時は服用いただけますが、しばらく服用してもよくならない場合は、服用をやめて病院を受診してください。

廣貫堂赤玉はら薬Sの製品ページへ

便に赤い色のものが混じることがありますか。

成分として、赤い着色料が入っていますので、まれに便に出ることがあります。痛みを感じたり、血が混じっていなければ問題ありません。

廣貫堂赤玉はら薬Sの製品ページへ

普段から緊張すると下痢をしやすいのですが、予防として常用してもよいですか。

症状がない場合は服用する必要はありません。下痢の症状があるときに、1日3回を限度とし、5~6日間服用しても症状が良くならなければ、服用をやめて病院を受診してください。

廣貫堂赤玉はら薬Sの製品ページへ

妊娠中ですが服用してもよいですか。

妊娠中はお控えください。服用する場合は、かかりつけの医師にご相談してください。

廣貫堂赤玉はら薬Sの製品ページへ

授乳中に服用してしまったのですが、どのくらい時間をあければ授乳してもよいですか。

出来れば24時間、少なくとも8時間はあけて、最初のお乳は捨てていただくとよいです。

廣貫堂赤玉はら薬Sの製品ページへ

授乳中ですが、服用してもよいですか。

授乳中はお控えください。母乳に成分(ロートエキス)が移行して、赤ちゃんの脈が速くなることがあります。

廣貫堂赤玉はら薬Sの製品ページへ