株式会社広貫堂 > 会社情報 > 会社沿革

会社情報

会社沿革

明治9年9月 廃藩置県により「反魂丹役所」が廃止され、当社の配置家庭薬業者が共同で「富山広貫堂」を創設。
明治27年2月 配置販売業者養成の為、私立共立薬学校(現富山大学薬学部の前身)を設立。
大正3年11月 資本金50万円の株式会社に組織を変更。
昭和11年10月 満蒙支富山県広貫堂を奉天市に設立し、満州国指定工場となる。
昭和14年7月 広貫堂薬学青年学校を設立。
昭和19年10月 ビルマ国(現ミャンマー)ラングーン市に広貫堂ビルマ支店を設立。
昭和19年11月 合同製薬、富山県製薬、富山県薬剤の3社を吸収合併し、資本金190万5千円となる。
昭和20年2月 海軍第1療品廠の指定工場となる。
昭和30年4月 広貫堂薬学院を設立。
昭和34年8月 資本金1億円に増資。
昭和35年6月 日本薬剤株式会社を設立。
昭和37年10月 資本金1億5千万円に増資。
昭和45年12月 資本金2億円に増資。
昭和50年6月 資本金3億円に増資。
平成8年11月 新GMP工場竣工。
平成14年3月 資本金13億9千5百万円に増資。
平成15年9月 滑川工場を新設。
平成15年10月 広貫堂メディフーズ(株)を設立。
平成16年4月 広貫堂薬品販売(株)を設立。
平成16年12月 (株)沖縄広貫堂を設立。
平成18年4月 薬都広貫堂(株)を設立。
平成18年8月 ISO9001-2000認証取得。
平成19年8月 マルコ九州薬品販売(株)を広貫堂薬品販売(株)の子会社として設立。
平成19年8月 (株)HBCを日本薬剤(株)の子会社として設立。
平成21年1月 資本金21億4千5百万円に増資。
平成21年3月 (株)ライフメディックを日本薬剤(株)の子会社として設立。
平成21年8月 ISO9001-2008認証取得。
平成22年4月 呉羽工場を新設。
平成23年9月 大韓民国ソウルに(株)広貫堂コリアを設立。
平成23年9月 (株)タイ広貫堂を設立。
平成24年10月 (株)広食を日本薬剤(株)の子会社として設立。
平成25年3月 香港に広貫堂香港有限公司を設立。
平成25年9月 広貫堂ベトナムを設立。
平成26年6月 (株)広貫堂マレーシア、(株)広貫堂シンガポールを設立。
平成27年1月 合弁会社 (株)広貫堂&共創未来アジアを設立。